« Opera 7.51 for MacOS | トップページ | パソコンを修理に出すことに »

2004年6月 5日 (土)

新しいWindowsマシン到着。が!

FDD、CD-ROMドライブ、セカンドHDDを認識させるのも、Windows XP をインストールするのも難なくできました。しかし、フロントパネルのHDDランプがつかないので、ケースのカバーをいったん外し、該当するコネクターをさし直したら、ランプはつくようになったのですが、なぜかサウンドが鳴らなくなりました。HDDを再フォーマットして Windows をインストールし直してみましたが、やはり鳴りません。お手上げ状態だったので、さきほどメーカーのサポート用アドレスに長々としたメールを送りました。

やはりハードウェア的な問題なのでしょうか。もし修理を要するような問題なら、私がカバーを開けて中身をいじった上での故障と見なされ、保証期間内でも無償修理してもらえないかもしれません(大泣)。となれば、送料も往復こちら持ちということになり、修理代込みで下手をしたら三〜五万円ぐらいとられたりすることになりはしないかと心配です(号泣)。それでも修理せざるを得ません。

それに、前のWindowsマシンも保証期間内にFDDが不調に陥ったのに修理に出さなかったし、iMac のほうも、CD-Rがうまく焼けないのを自分の焼き方が悪いせいだと勝手に決めつけ、保証期間が過ぎたあとでアップルのサポート掲示板を見たら、同じ症状の人がアップルに無償修理してもらえた話が載っていたりということがありました。だから今回は、有償にせよ無償にせよ、粘り強くメーカーに修理を依頼してみるつもりです。

« Opera 7.51 for MacOS | トップページ | パソコンを修理に出すことに »