« Win98とXPデュアル環境における98リカバリ | トップページ | .command ファイルによるCGIデータのバックアップ(MacOSX) »

2004年4月 4日 (日)

Mac OS X版Gimp 2.0.0

Gimp.app 2.0.0 というのがリリースされたので、インストールしてみました(要X11)。

これは今までの Mac OS X 版 Gimp と違い、Mac OS X アプリケーションの標準形式「.app バンドル」にビルドしたものです。ですから、インストール方法はアプリケーションフォルダーにドラッグ&ドロップするだけ。起動方法もアイコンをダブルクリックするだけで X11 まで自動起動してくれるという便利なシロモノです。

Fink など配布されているものは大体が /usr/bin とかそれに準ずる場所にインストールされてしまうためアンインストールも容易ではなく、そのことが、わたしが Mac に Gimp をインストールする障害になっていたのです。

ちなみに、この形式でビルドされた Gimp 1.2.5 も ftp サイトにあったので、ついでにこちらもインストールしてみました。2.0.0 はうちの環境では若干重いため、1.2.5 を使う機会も少なくはないかもしれません。

(2004年4月7日追記)
4月7日にアップデートされました。(Gimp.app 2.0.0-2)

(2004年4月14日追記)
Gimp.app 2.0.0-5 がリリースされました。

2.0.0-3 と 2.0.0-4 は起動に5分近くかかったり、起動そのものができなかったりといった不具合がありましたが、このバージョンでようやく正常になりました。しかも、日本語フォントがちゃんと使えるようになっています。もっとも、X11で使用可能な日本語変換プログラム(Canna+kinput2など)をインストールしない限り、テキストエディットなどからコピー&ペーストで文字を貼付けなければなりませんが。

(2008年3月2日追記:現在では、Gimp.appはWilber loves Appleというサイトで配布されています)

« Win98とXPデュアル環境における98リカバリ | トップページ | .command ファイルによるCGIデータのバックアップ(MacOSX) »