« 恥ずかしながら( | トップページ | Mac OS X 10.2におけるファイルの関連付けのしくみ »

2003年10月26日 (日)

昨日の続きですが

昨日の続きですが、ことえりもすごく賢くなっています。私の住んでいる町の町名とか歴史上の人物の名前(池田輝政とか)もちゃんと変換されます。

ただ、実は OS X 10.2 のことえりも、変換効率はそれほど悪くありませんでした。しかし、文節の区切りにバグがあったため、ATOK 導入を余儀なくされたのです。そのバグとは、助詞で始まる句を何度も変換しているうちに助詞であるはずの部分を助詞と認識してくれなくなるというものです。たとえば、「誰々を好きになる」を「誰々に思いを寄せる」と書き換えようとして「を好きになる」を消して「におもいをよせる」と打つ、といったことを何度も繰り返すと、次第に「に」が助詞と認識されず、「荷重い」などになってしまうのです。

Panther のことえりでこのバグが直っているのかどうかまだわかりません。もし直っていなければ、いくらたくさんの単語が登録されていても役には立ちません。その場合は、また ATOK をインストールすることになりますが、私が今所有している ATOK 15 が Panther に対応してくれるかどうかも定かではありません。対応してくれなければ、ATOK 16 を買わなければなりません(泣)。直っていることを祈るばかりです。

あ、それともう一つ、今度のことえりは、OS 9 以前と同様、ちゃんとログイン時に自動で起動してくれます。

« 恥ずかしながら( | トップページ | Mac OS X 10.2におけるファイルの関連付けのしくみ »