« 2002年1月 | トップページ | 2002年5月 »

2002年2月26日 (火)

Freebsd の X Win

Freebsd の X Window を root 以外のユーザが起動できない問題が、昨日解決。FreeBSD は Linux と違い、ただ X Window をインストールしただけでは startx コマンドが有効にならないらしい。どうやったら有効になるのか今のところ不明。しかし、ただ単に X を起動させるだけなら、GUI ログインプログラムである XDM を起動させればよいことはわかった。

2002年2月25日 (月)

昨夜、Freebsd で

昨夜、Freebsd で X Window を表示させることに成功。ただし、なぜか root 以外のユーザーは起動できないという問題がある。

2002年2月23日 (土)

昨日 Debian のイ

昨日 Debian のインストールに成功。今日は X window の起動にも成功、また BIOS の設定変更をせずに DHCP 接続できるよう、カーネルのアップグレードも試みたがこれも成功。めでたしめでたし。
「最強のディストリビューション」といわれるだけあって、非常に具合がよい。とても気に入った。ただ現時点では USB マウスが動かなかったり、サウンドが鳴らなかったりする。まぁ、これはこれからの課題ということにしておこう。
ちなみにもう一つ、Free BSD のカーネル再構築を試み、これも成功。しかし、やはり X は起動せず。また BIOS をいじらないと NIC が認識されない状態も変わらず。

2002年2月21日 (木)

sdc6 に Debian G

sdc6 に Debian GNU/Linux をインストールしてみたが、見事失敗。めげずに Redhat Linux 7.2 の インストールCDイメージをダウンロードして sdc8 にインストールしてみることにした(Redhat のサイトにCDイメージファイルからでもインストールできることが書いてあるのを発見したので)。CDイメージは3つ必要で、1つダウンロードするのに40〜50分かかった(ADSL様々です)。インストール自体は問題なく終了した。ADSL接続のために NIC のモジュールを組み込んでみたところ、これもあっさり成功。しかし、マウスに落とし穴があった。インストール時にはちゃんと認識された USB 3ボタンマウスが、なぜか認識されなくなっているのだ。googleで検索したら解決法が簡単に見つかったので、事なきを得たが、しかし、7.0 ではちゃんと認識されていたものがなにゆえ認識されなくなったのか・・・。

2002年2月18日 (月)

Yahoo! BB 導入後

Yahoo! BB 導入後、初めて FreeBSD を再インストールしてみたが、DHCP 接続がうまくいかない。原因は今のところ不明。NIC は認識されているはずなのだが・・・。IRQ が衝突しているのかもしれない。

« 2002年1月 | トップページ | 2002年5月 »